最終更新日時 2019/02/28

自然と暮らしが程よく調和した地域、岐阜。合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い町並みが美しい「高山」、徹夜踊りで知られる「郡上八幡」など人気の観光地があります。自然も豊かで、春は桜、夏は夏山、秋は紅葉、冬にはスキーを楽しめます。今回はそんな見どころの多い岐阜県を訪れたら立ち寄りたい、おすすめ温泉地をご紹介します。

下呂温泉

画像素材|PIXTA

岐阜県の温泉として一番有名なのがここ下呂温泉です。兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と共に日本三名泉の一つにも数えられています。温泉街は飛騨川を中心に、いくつものホテルや土産屋を形成し、町のあちこちには足湯もあり、温泉だけでなく観光も一緒に楽しめます。下呂温泉のお湯は単純温泉(アルカリ性単純温泉)です。とても滑らかな肌触りのお湯で、美容と健康に良いとされています。

画像素材|PIXTA

下呂温泉に行ったら立ち寄りたいのがこちら「下呂温泉 合掌村」です。合掌造りの民家が10棟移築されており、農具や民具などを展示する民俗資料館では、当時の暮らしぶりを垣間見ることが出来ます。体験メニューも多く陶芸体験や食器への絵付け、和紙の漉き絵体験が出来る施設や、焼き魚や五平餅などを食べられる食事施設もあり、白川郷まで行かなくてもゆっくり楽しめます。春には桜、新緑、秋には紅葉を楽しめ、風情ある風景と共に季節を感じることができます。

下呂温泉観光協会 https://www.gero-spa.com/index.html
下呂温泉合掌村 http://www.gero-gassho.jp/info/

長良川温泉

画像素材|PIXTA

岐阜市にある長良川温泉は、岐阜の中心「岐阜駅」からバスで約20分とアクセス良好。まわりにはゆったりと流れる長良川や、岐阜城がそびえる金華山、長良川公園など、中心地とは思えないほど静かでのんびりした空気が流れています。長良川温泉は鉄分を多く含んだ泉質で、神経痛や筋肉痛、冷え症などに良いと言われています。観光経済新聞社主催の「にっぽんの温泉100選」に5年連続で選ばれている人気温泉の一つです。

画像素材|PIXTA

長良川温泉を訪れたら、絶対に外せないのが「長良川の鵜飼い」です。鵜飼いはいくつもの手綱を取って、その先にいる鵜をあやつり、川魚を捕らえる伝統漁法です。鵜の首には紐が巻かれ、一定以上のサイズの魚は呑み込めないようになっています。夜の闇夜に光る松明の灯りと、鵜匠と鵜によるパフォーマンスは、訪れる人を圧倒します。料金は乗船のみと夕食弁当付きがあります。また宿泊施設では、宿泊料金と鵜飼いのセット料金を提示している場合があります。

長良川温泉 http://nagaragawa.org/
ぎふ長良川鵜飼い https://www.ukai-gifucity.jp/Ukai/

奥飛騨温泉郷 平湯温泉

画像素材|PIXTA

奥飛騨温泉郷の一つ平湯温泉は、上高地や乗鞍岳、新穂高岳などにアクセスが良く、山を楽しむ登山家やハイカーに人気の温泉地です。海抜1250mにある平湯温泉は夏も爽やか、冬には雪見風呂が楽しめます。ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素塩泉などの成分を含み、リウマチ性疾患、神経痛、皮膚病などに効果があるとされています。

画像素材|PIXTA

平湯温泉に泊まったら訪れたいのが、高さ64m、幅6mある大迫力の平湯大滝です。駐車場からのアクセスも良く、徒歩10分で到着です。道も整備されていて歩きやすく、足が悪い方のために100円のシャトルバスもあります。冬には冷えて凍結した滝のライトアップが綺麗です。他にも平湯温泉周辺には、その豊かな自然を楽しめる自然散策路が整備されています。昼間に散策や滝を見学し、夜には温泉でゆったり過ごすのがオススメです。

平湯温泉旅館協同組合 http://hirayuonsen.or.jp/

奥飛騨温泉郷 新穂高温泉

画像素材|PIXTA

平湯温泉からさらに奥、穂高岳の麓に位置する新穂高温泉。露天風呂からは槍ヶ岳や笠ヶ岳のような、高くそびえる山々を近くに眺められ、鳥のさえずりや川の流れる音を聴きながらゆったり過ごすことが出来ます。山々の谷間に位置する新穂高温泉ですが観光地ということもあり、いくつもの入浴施設や宿泊施設がありますので、ご希望に沿った宿泊が可能です。

画像素材|PIXTA

新穂高温泉に泊まる方のほとんどは、新穂高ロープウェイを利用します。日本で唯一の2階建てロープウェイはいっきに121人を乗せることができ、標高2156mの西穂高口駅まで連れて行ってくれます。さらに西穂高口駅には360度を見渡せる展望台があり、登山家でなくとも気軽に山々の風景を楽しめます。もちろん本格的に山を楽しみたい方は、麓から歩いて登ることも出来ますし、ロープウェイで山を上がり、そこから縦走を楽しむことも出来ます。

新穂高ロープウェイ http://shinhotaka-ropeway.jp/

平瀬温泉

画像素材|PIXTA

世界遺産白川郷から車で約15分という近場に、環境省の国民保養温泉地にも指定されている平瀬温泉はあります。旧白川街道沿いに位置し、大きな温泉地ではありませんが、森に囲まれた静かで鄙びた温泉地です。毎日沢山の人が訪れる白川郷の喧騒から離れて、泊まる時くらいはゆっくり落ち着きたい、そんな方に最適です。白山の中腹から湧き出る源泉をひいた温泉で、ゆっくりとお寛ぎ下さい。

画像素材|PIXTA

白川郷を観光する際には、まず高台にある展望台を訪れてみて下さい。大きく広がる合掌造りの集落は、まるでおとぎ話の世界です。また上から全体像をつかむことも出来るので、その後の観光にも役立ちます。合掌造り住宅の中には、内部開放をしている家が何件かあります。暮らしぶりがうかがえる内部は思ったよりも広く、外から見るのとはまた違った様子が分かります。季節ごとに違った風景を楽しめ、何度も訪れたい場所です。

さらに見る >>

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事