最終更新日時 2018/12/22 18:24

今回は静岡に行ったら必ず訪れたい、おすすめの夜景スポットをご紹介します。自然豊かな静岡県。山や丘、平地などと、起伏に富んでいるのが特徴です。そのため、ちょっと高いところにのぼることで、素晴らしい夜景が楽しめるエリアともいえるのです。今回は、そんな静岡県の夜景スポットを、写真を使ってたくさんご紹介していきたいと思います。

芦ノ湖スカイライン

画像素材|PIXTA

人気観光地である箱根から静岡県をつなぐドライブルート、「芦ノ湖スカイライン」。箱根外輪山、富士山、愛鷹山、それに駿河湾までを眺望できる絶景ルートとなっている道路で、有料ではありますが、一度はぜひ訪れておきたいポイントとなっています。

画像素材|PIXTA

車を停めるべきポイントは山伏峠、杓子峠、三国峠の3か所。山伏峠は、GWや夏休みにはヘリコプター遊覧が実施されるなど人気の観光スポットとなっておりますが、夜景としておすすめなのが後者の2つ。標高1000mを越す高い位置から、裾野市や沼津市の美しい夜景を眺めることができるのです。また、いずれも車に乗ったままガラス越しに見ることができので、寒い冬でもじっくりと鑑賞できるのもメリットではないでしょうか。

乙女峠

画像素材|PIXTA

御殿場市と箱根町の境に位置する峠「乙女峠」。JR御殿場駅からバスで約15分、箱根ロープウェイの起点となる桃源台駅からも、約35分でアクセスできる人気の観光地。実はここ、富士山が美しく見えることでも知られており、写真家や観光客が絶えない人気のビューポイントでもあるのです。

画像素材|PIXTA

手前には御殿場の市街地があるので、夜になると、雄大な富士と街の灯りの対比を楽しむことができます。なお時間に余裕がある方は、日没前に訪れるのがおすすめ。富士山が日が暮れるにしたがって、徐々にその姿がシルエット化されていき、雄大な時の流れをも感じることができます。

熱海城

画像素材|PIXTA

「東洋のナポリ」などと輝かしい呼び名もある人気の観光地、熱海。その熱海の美しい夜景を存分に楽しめるポイントが「熱海城」なのです。「熱海城」は、原則17時までのため、天守閣から見える時間は限られてしまいますが、高台にあるという立地がら、山を這うように広がる温泉街の夜景を鑑賞することができるのです。

画像素材|PIXTA

熱海城のふもとにある駐車場付近に展望スペースがあります。休日は込み合う可能性があるので、「熱海城」の観光と合わせて早めの時間帯に訪れるのがおすすめです。熱海海上花火大会の日は花火も同時に楽しむことができるので、混雑必須。早め早めの行動を心掛けるようにしましょう

伊豆スカイライン 滝知山展望台

画像素材|PIXTA Atami City, Japan Skyline at twilight.

熱海の街を、違った目線から楽しめるポイントが伊豆スカイラインにある「滝知山展望台」です。東側と西側と2か所ありますが、熱海の街を見下ろせるのは東側のポイントです。高度は649メートル。日本有数の温泉街である熱海市は、遠いこの場所へも煌々とした光りを放っており、静かな感動を与えてくれることでしょう。

伊豆スカイライン 池の向駐車場

画像素材|PIXTA

伊豆スカイラインは、熱海峠から天城高原までを南北に走るドライブライン。そのため、その途中には相模湾、駿河湾、富士山などの眺めを楽しみめる絶景スポットがいくつか存在するのです。その中で特に人気があるのが、「池の向駐車場」。沼津市と富士山の夜景を一望できる、最南端の夜景スポットとなっています。

次のページへ >>

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事