最終更新日時 2019/02/28

今回は愛知県に行ったら必ず訪れたい、おすすめの温泉地をご紹介します。愛知県といえば手羽先や味噌煮込みうどんなどグルメのイメージが大きいですが、実は温泉が楽しめるスポットがたくさんあります。愛知県の温泉は、海に近い場所が多く、なかには太平洋の雄大な海を眺めながら露天風呂が楽しめる宿があるところも。心地よい潮風を肌で感じながら温泉を楽しむ、贅沢な時間を送ることができますよ。今度の週末は、愛知県の温泉地で、時間を忘れ温泉を巡る、至福の旅へ出かけてはいかがでしょうか?

南知多温泉郷

画像素材|PIXTA

南知多温泉郷は、3地区(内海・山海・豊浜)にある温泉の総称。海岸沿いにはいくつもの温泉宿があり、オーシャンビューを望むことができます。県内随一の湯量として知られる南知多温泉郷の泉質は「ナトリウム・カルシウム塩化物強塩泉」。慢性皮膚炎や切り傷、疲労回復などに効能があると言われています。内海地区を中心に日帰り温泉施設があり、気軽に温泉巡りが出来るのも魅力のひとつです。沿岸沿いには、日本の渚100選に選ばれた千鳥ヶ浜など、散策できるスポットがあり、海を眺めながらゆっくり過ごせますよ。

西浦温泉

画像素材|PIXTA

西浦温泉は西浦半島に位置し、海に囲まれた温泉地です。万葉歌人から親しまれてきたことでも知られ、万葉の小径と呼ばれる遊歩道には西浦の美しさを句にした歌碑が置かれています。ここには、西浦温泉開湯50年を記念して作られた展望台もあり、鐘の音を鳴らすことができますよ。また、西浦温泉周辺の宿は、オーシャンビューの露天風呂があることをウリとしている温泉宿も多く、美しい海を眺めながら過ごすにはおすすめの温泉地です。

湯谷温泉

画像素材|PIXTA

新城市にある湯谷温泉は、1,300年の歴史を持つ古の温泉地。板敷川の両岸に温泉宿が点在しており、温泉や食事を楽しむことができます。湯谷温泉の由来は鳳来寺の開祖である利修仙人が発見したことがはじまりと伝えられており、現在でも様々な人々から温泉地として親しまれています。街の入り口には利修仙人像も。またその近くには、足湯広場もあり、気軽に足湯を満喫することができます。旅の思い出作りにぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

画像素材|PIXTA

泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効能があります。源泉掛け流しの旅館もあり、温泉を心ゆくまで満喫できるでしょう。周辺の宿の多くは、立ち寄り湯の実施をしています。湯谷温泉の公式サイトでは、本日の立ち寄り湯情報が掲載されているので、温泉巡りを楽しみたいという方は、ぜひチェックしてから訪れてみてくださいね。

吉良温泉

画像素材|PIXTA

吉良温泉は、三河湾に面した美しいロケーションと海の幸が自慢の温泉地です。「吉良ワイキキビーチ」の名が付いた南国感あふれる海水浴場や日本の水浴場88選に選ばれた宮崎海水浴場など、散策ができるスポットがたくさんあります。シーカヤックや三河湾クルーズといったアクティビティも充実しており、長期滞在でも飽きることなく楽しめそうです。もちろん宿のお部屋でゆっくり過ごすこともでるので、インドア派、アウトドア派どちらも満足していただける温泉地となっています。

画像素材|PIXTA

吉良温泉は、塩化物温泉の泉質を持ち、神経痛や筋肉痛、冷え症、五十肩などに効能があります。素晴らしい情景を眺めながら、リフレッシュをしてはいかがでしょうか。また、吉良町は、忠臣蔵で適役として描かれた吉良上野介にまつわる史跡が残る町としても知られています。吉良が建てたとされる黄金堤や吉良家のお墓が残る華蔵寺など、歴史をたどる旅を楽しむのもいいかもしれません。

形原温泉

画像素材|PIXTA

蒲郡駅から車で約15分の場所にある形原温泉は、あじさいの里として知られる静かな温泉地です。アルカリ性単純泉の温泉は、神経痛や胃腸病などに効能があるとされています。また、温泉地に点在する宿泊施設は6軒と少ない印象ですが、様々なタイプの宿があり、海の幸から山の幸まで宿ならではの料理がいただけます。新鮮な魚介類を販売するお店もあり、お土産には事欠かしません。

画像素材|PIXTA

あじさいの里の異名を持つ形原温泉に行くなら、6月のあじさい祭りの時期がおすすめです。5万株ものあじさいが咲く光景は、まさに圧巻の一言。日没後はライトアップがされるので、昼とは違った楽しみ方ができますよ。また他にも、期間中は様々な催し物が開催され盛り上がりを見せます。憂鬱な梅雨の時期を忘れさせてくれるでしょう。

三谷温泉

画像素材|PIXTA

三谷温泉は、美白泉壱の湯・美白泉弐の湯・曙光の湯・千歳の湯の4種類の天然温泉が楽しめる珍しい温泉地です。美白泉壱の湯の泉質は、アルカリ性単純泉の美白の湯。優しい肌触りの湯が、古い角質を除去してくれます。美白泉弐の湯の泉質は、単純弱放射能泉。珍しいラジウム泉で、様々な効能がある温泉として知られています。曙の光の湯は、低張性ナトリウムカルシウム塩化物泉の泉質で、抗酸化作用が期待できます。

最後となる千歳の湯の泉質は、高張性ナトリウムカルシウム塩化物泉で、ツルツルの美肌効果が期待できます。4種類の温泉はそれぞれ違う宿の温泉なので、全てを楽しみたいなら、日帰り温泉入浴パスポートがおすすめ。1冊2,100円のパスポートで、5つの宿のお風呂を利用できますよ。

続きを見る>>

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事