最終更新日時 2018/12/22 18:24

愛知には夜景を楽しめるスポットがたくさんあります。高層ビルからの眺めや、丘の上の展望台からの眺め、紅葉のライトアップなど様々な角度から夜景を楽しみましょう。

東山スカイタワー

画像素材|PIXTA

千種区にある東山動植物園は、動物園や植物園、遊園地まで入った広大な市営動植物園です。東山スカイタワーは、動植物園の敷地内にある展望タワーです。標高214mの高さのあるタワーで、4階と5階には展望室やショップ、7階にはレストランがあります。もちろん名古屋一帯の綺麗な景色、夜景を眺めながら食事を楽しめます。動植物園からタワーの夜景まで、朝から夜まで一日中遊べてしまうおすすめのスポットです。

画像素材|PIXTA

5階の360°パノラマ展望室は、標高180mから全方向を望む圧巻の夜景が楽しめます。二人がけの椅子などもあります。このタワーはそもそも高台にあるため、周囲に高い建物がありません。名古屋テレビ塔やナゴヤドームといった名古屋を象徴する建物も眺められます。もうひとつ、4階の展望室もおすすめです。5階の展望室や7階のレストランよりも階は下ですが、そのせいかややお客さんが少なくなっています。静かに落ち着いて夜景を眺められます。

名古屋テレビ塔

画像素材|PIXTA

名古屋テレビ塔は、名古屋の繁華街、栄の久屋大通公園内にある電波塔です。地上180mの高さのタワーで、今や名古屋のシンボルとも言える存在。夜はこのタワー自体がライトアップされるので、他の夜景スポットからこのテレビ塔を見るのもおすすめです。国内に数あるタワーの中でも、全国で初の登録有形文化財になっています。2006年に綺麗に改装され、ちょっとおしゃれな内装の展望台に生まれ変わりました。

画像素材|PIXTA

地上100mのスカイバルコニーと、地上90mのスカイデッキから、名古屋市内の景色を見渡すことができます。スカイバルコニーでは屋外に出られるので、風にあたりながら気持ち良く夜景を楽しめます。また、スカイデッキは屋内から外を眺められます。名古屋有数の繁華街、栄の夜景は華やかで美しいです。また、タワーの1階にはニューヨークにいるような気分になれる、ブルックリンカフェがあります。観光などの休憩にピッタリです。夏には屋外でビアガーデンが開かれる年もあります。

ミッドランドスクエア スカイプロムナード

画像素材|PIXTA

名古屋駅前にあるミッドランドスクエアは、地上47階、地下6階まであるという超高層ビル。様々な企業やショップ、クリニックやスクール、レストラン、大型のシネコンまで入っている巨大商業施設です。このビルで夜景を楽しむなら、44階から46階にあるスカイプロムナードがおすすめです。ここは屋外型展望施設になっていて、地上220mの高さで屋外の風を感じることができます。その高さから、JRセントラルタワーズを見下ろせるほど。夜の名古屋のすばらしい景色をほぼ360°眺められます。昼と夜とではまったく違う魅力を持った迫力ある光景は、まさに圧倒的です。

画像素材|PIXTA

夜景を楽しむための演出も素敵です。夜間に限って、壁面の照明が様々なバリエーションで夜の空間を照らします。さらに、ミストが噴射される演出も見事。これによってできる霧とライトアップで夜景が一段と幻想的に変化。現実離れした美しい光景に心奪われます。このスカイプロムナードでは、壁面に様々な展示が行われています。興味深いテーマも多く、細かなところでも飽きさせません。なお、テーマは不定期に一新されています。

名古屋港ポートビル

画像素材|PIXTA

名古屋港は遊園地や水族館、南極観測船を使った博物館など様々なレジャー施設、文化施設が集まっているエリアです。その中にひときわ風変わりな外観の建物があります。まるで白い帆船のような形が印象的なその建物は、名古屋港ポートビル。地上53mに位置する展望室がある公立のビルです。展望室からは、名古屋港全体の景色を見渡すことができます。また、3階と4階には名古屋海洋博物館があり、2階には海を眺められるレストランもあります。

画像素材|PIXTA

展望室は横に長い形になっていて、全面がガラス張り。360°全方向を見渡せます。夏季は21時まで営業しているので、ゆっくりと夜景を楽しめるスポットとして、名古屋市民や観光客に親しまれています。周囲には、名古屋港シートレインランドの観覧車や、南極観測船ふじなど、夜景に映える建築物が多いのも特徴です。遠く名古屋駅の方には、JRセントラルタワーズやミッドランドスクエアといった高層ビルも見られます。

オアシス21

画像素材|PIXTA

オアシス21は、名古屋テレビ塔すぐ近くにある複合施設。宙に浮いているような巨大な楕円形の大屋根が特徴的です。「水の宇宙船」と呼ばれるガラスで造られたこの大屋根は、オアシス21のシンボル的な存在。透き通るガラスの中に水が流れており、降り注ぐ自然光を見事な光の波紋が描き出されます。下から見てもとても美しい大屋根です。さらに外周の園路を歩くこともでき、空中の透き通る池の周りを散歩している気分が味わえます。

画像素材|PIXTA

夜、水の宇宙船はライトアップされ、その美しさがより幻想的なものとなります。テレビ塔など、周囲の様々な光が大屋根の水面に反射します。また、施設内には、ショップもたくさん入っているので、買い物や食事も楽しめます。スターバックスなどのカフェも充実。観光途中の休憩スポットとしても利用しやすい施設です。オアシス21の半地下にはバスターミナルがあり、ここから市内の様々なアクセスも可能。交通の拠点にもなります。

さらにつづきを読む
>>

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事