最終更新日時 2019/12/05

静岡県の東伊豆にある河津町は、文豪「川端康成」が「伊豆の踊り子」執筆の為に滞在した温泉や、桜・バラ・カーネーションなど、美しい花々が咲き誇ることで有名な町です。今回はそんな豊かな自然と情緒溢れる河津のおすすめ観光スポットを定番から穴場まで詳しくご紹介します。

河津でおすすめの定番スポット5選

1. 河津七滝(かわづななだる)

自然豊かな河津には、壮大な眺めの「大滝」、2つの流れが1つになって出来た「出合滝」、静かな滝の流れを楽しめる「かに滝」、「踊り子と私」のブロンズ像がある「初景滝」、岩の模様が蛇の鱗に似た「蛇滝」、滝の形がエビの尻尾を連想させる「海老滝」、溶岩が造り出した巨大な釜を流れ落ちる「釜滝」の7つの有名な滝があり、「河津七滝」と呼ばれています。

この地域では昔、滝の事を「垂水(たるみ)」と呼んでいた為、現在も「七滝」を「ななだる」と呼んでいるそうです。7つの滝はそれぞれ遊歩道で結ばれており、片道約1時間の散策を楽しむことが出来ます。また、この辺りは紅葉の名所としても有名で、秋には滝と紅葉の美しいコラボレーションが楽しめる「滝まつり」が開催され、多くの観光客で賑わいます。

名称 河津七滝
住所 静岡県賀茂郡河津町梨本
サイト https://www.nanadaru.com/index.html

2. 伊豆最大の大滝 AMAGISO-天城荘-[LIBERTY RESORT]

「伊豆最大の大滝 AMAGISO-天城荘-[LIBERTY RESORT]」は河津七滝の一つ、大滝の近くにある温泉です。施設内には外湯と内湯があり、宿泊者以外も利用できる日帰り入浴プランも用意されています。開放感溢れる外湯エリアが特に人気で、大滝や河津川などの雄大な自然を眺めながら温泉で疲れを癒やすことができます。このエリアは水着着用の混浴なので、ファミリーで温泉を楽しみたい方にもおすすめです。

また、薄暗い洞窟の中に造られた「洞窟の湯」もアトラクションのようで面白いと人気があります。さらに、春~初秋には川の近くに、大自然に囲まれた温水プールもオープンします。家族旅や女子旅でわいわい楽しむのも良し、一人旅の疲れをゆっくり癒やすのも良し、どんなシーンでも楽しめる温泉でのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 伊豆最大の大滝 AMAGISO-天城荘-[LIBERTY RESORT]
住所 静岡県賀茂郡河津町梨本359
営業時間 11:00~19:00(最終受付18:00)
※上記は日帰り入浴の利用時間です。
サイト https://www.amagisou.jp/

3. 河津バガテル公園

「河津バガテル公園」は6000株の美しいバラが人気の公園で、フランス・パリのバガテル公園と姉妹園であることからその名が付けられました。広大な敷地には、18世紀フランスの街や宮殿を再現した「フランス広場」や、4月~11月に掛けて美しいバラを楽しめる「ローズガーデン」、様々なイベントやショーが開催される「オランジェリー」などがあり、のんびりと散策することができます。

5月末~6月頭頃にはバラ園のライトアップイベントが行われ、園内がロマンチックな雰囲気に包まれるので、デートにおすすめ。また、バラやバガテル公園の歴史について詳しい解説が聞ける園内ガイドツアーもあるので、一人旅の方も楽しく参加できます。さらに、公園内にある「fleur&Cafeオルテンシア」では季節の草花に囲まれた落ち着いた空間でランチやスイーツを味わうことができ、散策の休憩にぴったりです。

名称 河津バガテル公園
住所 静岡県賀茂郡河津町峰1073
営業時間 9:30〜16:30(4/28~11/30)
9:30~16:00(12/1~4/27)
※木曜日定休(4/28~6/30、10/1~11/30、1/1~1/3の木曜日は営業)
サイト http://bagatelle.co.jp/

4. 伊豆の踊り子の宿 福田屋

「伊豆の踊り子の宿 福田屋」は「川端康成」の小説「伊豆の踊り子」にゆかりのある温泉宿で、作中に登場する「踊り子」が入浴した共同浴場や、「私」が利用した榧風呂(かやぶろ)などが残されています。また、伊豆の踊子は何度も映画化され、この宿も度々ロケ地として使用されました。さらに川端康成以外にも、太宰治や井伏鱒二も執筆の為に宿泊しており、文学好きには堪らない文豪の宿としても有名。

文豪が宿泊した部屋の見学や、作品の舞台になった部屋に宿泊もできるので、文学好きの方は泊まりで訪れるのがおすすめです。また、作品に関連する資料の展示や、伊豆の踊り子の世界観を楽しめる衣装も用意されており、宿内でゆっくり過ごすことができます。衣装の着物は着丈が長いものも用意されているので、外国人観光客にもおすすめですよ。

名称 伊豆の踊り子の宿 福田屋
住所 静岡県賀茂郡河津町湯ヶ野236
営業時間 10:00~17:00
※上記は日帰り入浴の利用時間です。
サイト http://fukudaya-izu.jp/

5. 河津桜

河津町で一足早い春の訪れを告げる「河津桜」をご存知でしょうか。1995年頃にこの地域で原木が確認されたことから河津桜と名付けられました。1968年頃からこの桜の増殖が始まり、現在では春前になると美しいピンク色の桜が地域一帯に咲き誇ります。さらに、1975年には河津町の木に指定され、地元の人々に親しまれています。河津桜の見頃は2月上旬~3月上旬頃で、この時期には「河津桜まつり」が開催されます。

まつりの屋台では桜に関連したグルメが販売されており、その中でも最新のご当地スイーツとして注目を集めるのが「さくらたい焼き」。薄ピンク色のたい焼きは、河津桜と一緒に収めると可愛い写真が撮れると大人気です。河津グルメを食べ歩きしながら、桜並木を散策するのも楽しいですね。会場付近には駐車場も用意されていますが、開花時期は大変混雑するので公共交通機関で訪れるのがおすすめです。

名称 河津桜
住所 静岡県賀茂郡河津町
サイト http://www.kawazuzakura.net/about.html

河津でおすすめの穴場スポット5選

1. 河津七滝ループ橋

「河津七滝ループ橋」は直径約80mの輪が2つ重なった形をしている橋で、高さ約45m全長は約1064mあります。ここを車で通ると、グルグルと下に落ちていくアトラクションに乗っているような気分になります。1981年にこの橋が出来るまでは、山の斜面にあるつづら折りの道路を進むしかここを通る方法がなく、土砂崩れなどの災害も発生する危ない場所でした。そういった危険を回避する為に造られたのがこのループ橋です。

ユニークな形をしているこのループ橋は、通り道としてだけではなく、旧天城トンネルと合わせて観光スポットとしても有名。特に、春はループ橋の周辺に桜が美しく咲き、ツーリングやドライブの観光客がこぞってここを訪れます。また、下にある駐車場は大迫力のループ橋が眺められると人気の穴場スポットです。写真を撮るのが好きな方は、ぜひ、下からカメラを構えてループ橋を撮影してみてはいかがでしょうか。

名称 七滝高架橋
住所 静岡県賀茂郡河津町梨本352-1
サイト https://www.surugawan.net/guide/23.html

2. 峰温泉大噴湯公園

峰温泉にある「峰温泉大噴湯公園」では、約100度の温泉が地上約30mまで噴き上がる大迫力の噴湯が見られます。この大噴湯は大正時代に誕生し、当時は高さ50mの噴湯であったといわれています。現在この噴湯の周りは公園になっており、入り口ではこの公園のイメージキャラクターである「フントーくん」のモニュメントが迎えてくれます。

公園内には、噴湯を利用した温泉卵が作れるコーナーや、のんびりと過ごせる足湯、地場産品コーナーがある売店など、施設が充実しています。噴湯の噴き上げは1日7回と決まっているので、噴き上げを待つ間にこれらの施設を散策するのも楽しいですね。ただ、噴き上げ時間は約1分間程と短いので、見逃さないように注意しましょう。

名称 峰温泉大噴湯公園
住所 静岡県賀茂郡河津町峰446-1
営業時間 9:00~16:00
※大噴湯の噴き上げは9:30/10:30/11:30/12:30/13:30/14:30/15:30の1日7回
※火曜日、金曜日定休
サイト http://www.kawazu-onsen.com/event/funnto/funnto.html

3. 栖足寺(せいそくじ)

「栖足寺」は「かっぱ寺」と呼ばれ地元の人々から親しまれているお寺です。このお寺には、村人と憎しみ合っていた河童が捕まり、瀕死の状態であったところを当時の和尚さんが助けたという伝説や、和尚さんに助けられた河童がお礼に持って来たとされる瓶が残っています。この瓶には河津川のせせらぎが封じ込められており、瓶に耳を当ててせせらぎの音がすれば、河童が無事に生きている証拠であると言い伝えられています。

この瓶は現在も見学することができますので、伝説が気になる方は、瓶を耳に当てて確かめてみましょう。他にも、河童に関連した行事として「きゅうり封じ」が行われています。これは、人に見立てたきゅうりに病気や邪気を吸い取ってもらう行事で、病魔退散、無病息災、心願成就を願います。このお寺を訪れた際には、河童の瓶見学と合わせて、河童に関連した行事にも参加してみてはいかがでしょうか。

名称 栖足寺(せいそくじ)
住所 静岡県賀茂郡河津町谷津256
営業時間 9:00~16:00
※上記は直書き御朱印拝受の受付時間です。
サイト http://kappa.live/

4. かわづカーネーション見本園

河津は静岡県内屈指のカーネーションの生産地で、5月頃になるとカラフルなカーネーションが続々と出荷されていきます。そんなカーネーションの町、河津にあるのが「かわづカーネーション見本園」です。ここでは、市場に既に流通しているカーネーションの他、新品種や試験品種などの珍しいカーネーションも観賞できます。入場料もリーズナブルな値段で美しいカーネーションを楽しむことが出来ます。

カラフルなカーネーションは持ち帰りたくなる程綺麗ですが、購入はできないので注意しましょう。見本園はビニールハウス内にある為、開園期間が12月中旬~5月中旬と長めです。この期間中に「河津桜まつり」や「河津バガテル公園の春バラまつり」も開催されますので、花が大好きな方はぜひ、タイミングを合わせて訪れてみましょう。

名称 かわづカーネーション見本園
住所 静岡県賀茂郡田中11
営業時間 9:00~16:00
※水曜日定休(祝日の場合は翌日に振替)
※河津桜まつりの期間は無休
サイト http://kankou.town.kawazu.shizuoka.jp/attraction/149/

5. 河津オートキャンプ場

温泉旅館でまったり過ごすのも良いですが、子供連れのファミリー旅やグループ旅でわいわい楽しみたいなら「河津オートキャンプ場」でキャンプがおすすめです。テントを張れるオートキャンプエリア以外にも、木製のコテージがあるホームキャビンエリアもあるので、テントを持っていなくても気軽にキャンプ気分を楽しむことができます。

施設内には、ボルダリングができる広場や、子供用アスレチック、ハンモックサイト(ハンモック有料貸出しあり)、川遊びエリアなど、思い切り遊べるアクティビティが充実しています。さらに、温泉露天風呂や貸切家族風呂もあり、たくさん遊んだ疲れをゆっくりと癒やすことができます。また、キャンプ場から車で約18分のところには「今井浜海水浴場」もあるので、海水浴の拠点として宿泊するのもおすすめです。

名称 河津オートキャンプ場
住所 静岡県賀茂郡河津町川津筏場555
営業時間 9:00~22:00
※上記は売店・受付の営業時間です。(12:00~13:00及び19:00~20:30は休業)
サイト https://kawazucamp.com/

東伊豆でおすすめの定番スポット5選

1. 伊豆アニマルキングダム

この投稿をInstagramで見る

* * 伊豆アニマルキングダム(@inaba.tbio)♡♡♡ * 🐶ちゃん入園OKな動物園🙌💓 * …動物園のニオイと🐶ちゃん以外の動物が大の苦手で、子供のとき以来ずーっと動物園NG🙅やったけど、みーちゃん🍼を連れてきたかったから頑張った😜💕 * 動物コワイけど🦁さんの餌やりだけはめっちゃやってみたかったのに、チケット完売でできへんかったのが残念やった…😰💔 * みーちゃん🍼は怖がることもビビることもなく…かといって喜ぶこともなく…😑😑😑な感じでした⤴️⤴️⤴️ * #チワワ#ちわわ#ロングコートチワワ#chihuahua#chihuahuas#chihuahuagram #chihuahualove #dog#dogs #dogstagram #doglovers #ちわすたぐらむ #いぬすたぐらむ #わんすたぐらむ #わんこすたぐらむ #ちわわ大好き #チワワのいる暮らし #わんことお出かけ #犬との生活 #伊豆旅行 #伊豆高原 #犬連れ旅行 #伊豆アニマルキングダム#アニマルキングダム#動物園 #ホワイトタイガー #動物

☺︎ みーちゃん🍼ママ ⋈ *°さん(@hime_coco47)がシェアした投稿 –

「伊豆アニマルキングダム」は、高台に位置する非常に眺めの良い、総合レジャーランドです。天気が良い日には、太平洋上に浮かんだ、伊豆七島を見ることもできます。園内は、動物園やゴルフコース、遊園地など、一日いても飽きないたくさんの施設が揃っています。伊豆急行線の伊豆稲取駅から、バスで10分ほどでアクセスが可能です。

こちらの施設ではは、動物園。とりわけ、日本では見ること機会が少ない「ホワイトタイガー」を見ることができるます。インドのベンガル地方に住まう、ベンガルトラ、その白変種とされています。また、時期が重なれば可愛らしい赤ちゃんも見ることが可能です。他にも、肉食動物もたくさんいますので、迫力のある動物を見たい方におすすめです。

名称 伊豆アニマルキングダム
住所 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344
営業時間 4月1日~9月30日 9:00~17:00
10月1日~3月31日 9:00~16:00
URL
http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/

2. 熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園は、東伊豆町にある南国の雰囲気をたっぷりと味わえる施設です。伊豆稲取駅からは、徒歩でのアクセスも可能ですので、フットワーク軽く訪れることが可能です。本園・ワニ園、本園・植物園、分園と三つの施設に分かれております。分園と本園との間は少し離れていますが、専用のシャトルバスで行き来ができます。

名前の通り、たくさんのワニが見れる施設です。施設内では、絶滅危惧種を含めた17種類のワニが飼育されています。日本でここまで多くの種類のワニを見ることができる場所は他にはあまりありません。特に、大きな白ワニは、迫力満点でイチオシです。ワニばかりと言うわけではなく、分園には、可愛らしいレッサーパンダもいますので、動物好きの方におすすめしたい、スポットです。

名称 熱川バナナワニ園
住所 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
営業時間 8:30~17:30(最終入園16:30)
URL
http://bananawani.jp/

3. 河津七滝

「河津七滝」は、伊豆の名峰天城山の山中にある滝の総称です。すべてを見終えるまでの所要時間は、1時間と非常に見応えがあります。山奥にある滝で、流れ出る水の量や、迫力に圧倒される同時に、滝つぼの水の透明度も高く、神秘的な気分にも浸ることができる、そんな場所です。アクセスは、伊豆急行線の河津駅からバスでのアクセスが便利です。

河津七滝には、滝を見ながら入れる温泉があります。七滝のひとつである、「大滝」の滝つぼ付近に、温泉が湧いています。滝の近くと言うこともあり、水しぶきを浴びながら迫力満点の一風変わった入浴を楽しめます。また、近くには洞窟温泉と言う、洞窟になった温泉もあり、ちょっぴり、冒険気分にも浸れるおすすめの場所です。

名称 河津七滝
住所 静岡県賀茂郡河津町梨本
営業時間 なし
URL
https://www.nanadaru.com/

4. 河津バガテル公園

「河津バガテル公園」は、フランスは、パリにある「パリ・バガテル公園」の姉妹園です。たくさんのバラの花が植えられており、その数は1100品種、6000株。園内に入ると、色とりどりのバラと、甘い香りが迎えてくれます。伊豆急行の「河津駅」から、シャトルバスが運行されていますので、アクセスも非常に便利な場所です。

河津パガテル公園の最大の目玉は、ローズガーデンです。パリ市から来た専門家の下で、色とりどりのバラを配置しているため、世界トップレベルのフランス式庭園を日本で見ることができます。日本でも10個ほどしかない、建築様式ですので、その貴重さもおすすめしたいポイントです。また、その美しさは世界のバラ愛好家が絶賛するほどです。是非、バラを楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 河津バガテル公園
住所 静岡県賀茂郡河津町峰1073
営業時間 9:30~16:30
URL

河津バガテル公園の楽しみ方


5. 体感型動物園 『iZoo』

体感型動物園 『iZoo』は、日本最大級の爬虫類と両生類の動物園です。ヘビやトカゲ、カエルなどの生物が展示をされています。その他にも、カメや昆虫なども展示しております。鑑賞だけではなく、普段はあまり接することのない、ヘビやトカゲなどに触ることもできます。アクセスは、伊豆急行の河津駅から、タクシーなどを利用して5分ほどの距離にあります。

izooには、珍しい動物の鑑賞だけではなく、実際にその動物を食べることもできます。すべて展示が終わった後の、レストランでワニ肉を使用した、お料理をいただくことができます。ワニ肉は、普通の牛や豚などより、さっぱりとした味わいなので、とても食べやすいことが特徴。他にも静岡の名産を使用した料理も食られます。異国の味と日本伝統の味、どちらも楽しめます。

名称 体感型動物園 『iZoo』
住所 静岡県賀茂郡河津町浜406-2
営業時間 9:00~17:00 (最終入園16:30)
URL
http://izoo.co.jp/

東伊豆でおすすめの穴場スポット5選

1. 稲取文化公園 雛の館

「稲取文化公園 雛の館」は、稲取温泉の入り口。足湯などが設置されている、稲取文化公園内にある、ひな祭りの時期限定の展示会場です。こちらの中で、見事なひな壇と、吊るし雛と言う、この地域に江戸時代から伝わる独特のお飾りが展示されています。伊豆急行線の「伊豆稲取駅」から、徒歩15分ほどでアクセスが可能な立地です。

こちら、稲取文化公園 雛の館には、独特のお飾り、吊るし雛があります。畳敷きのどこか、田舎の実家を思い出させる、室内に立派なひな壇が飾られており、その両脇に、可愛らしい人形が吊るされています。まるで色とりどりのレースのカーテンのようで、非常に美しいです。日本古来の伝統のひな壇とどこか華やかさを感じさせる吊るし雛のギャップがとても面白い場所となっています。足湯と併せて、訪れてみてください。

名称 稲取文化公園 雛の館
住所 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1729
営業時間 9:00~17:00

2. 稲取細野高原

「稲取細野高原」は、伊豆半島東部にある山の上の広大な原野です。高台のため、相模湾を一望でき、伊豆大島などの見れます。四季折々、さまざまな自然に恵まれる場所です。春には「ワラビ」や「ゼンマイ」などの、山菜取りを楽しんだり、秋には高原全体を美しい、「ススキ」が覆います。アクセスは、伊豆急行線の「伊豆稲取駅」から、タクシーで15分ほどです。

稲取細野高原は、秋のススキ鑑賞ができる点が最大の特徴。高原全体を、黄金色のすすきが覆う様は、まさに圧巻。あまりの美しさに息を呑むほど。幻想的な風景を楽しめます。また、ススキのシーズンに合わせて、コンサートや陶芸体験などのさまざまなイベントが催されます。ススキの美しさと、高台からの絶景を眺めに行かれてみてはいかがでしょうか。

名称 稲取細野高原
住所 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取
営業時間 なし
URL

なし

3. ライオン岩

「ライオン岩」は、東伊豆町の北部、伊豆大川温泉付近にある、海岸沿いの大く、そして神秘的な岩です。波の浸食によって作り出された岩で、その姿が天に向かって吠えるライオンのようだと言うことで、この名前が付けられました。伊豆急行の「伊豆大川駅」からタクシーでアクセスをするのが、便利です。

こちらのライオン岩は、夕方から夜に訪れると、素晴らしい景色を見ることができます。夕方の場合ですと、夕日で海が照らされ、あたり一面が真っ赤になり、まるで、サバンナの真ん中にいるライオンを眺めているような風景です。夜、特に満月の場合は、月明かりに海とライオン岩が照らされ、神秘的な情景を見ることが可能です。少し不思議な雰囲気の穴場スポット、おすすめです。

名称 ライオン岩
住所 静岡県賀茂郡東伊豆町大川
営業時間 なし
URL

なし

4. ねこの博物館

「ねこの博物館」は、猫に関する展示や、実際に猫に触れあったりできる施設です。楽しく猫を科学するがテーマとなっています。そして猫は、20種類40匹と、猫カフェ並み、もしくはそれ以上の充実度を誇ります。アクセスは、伊豆急行の「伊豆高原駅」からバスで「大室高原7丁目」まで行き、そこから徒歩ですぐです。

ねこの博物館のでは、実際に猫と触れ合うこともできますが、ネコ科の動物についての展示も珍しいものが多くあります。特に、絶滅したと言われたサーベルタイガーや、ケープライオンと言った動物の標本展示を行っています。サーベルタイガーの長い牙は、現代ネコ科の生物には見られない、迫力ある特徴です。今現在では見られない、貴重なものまで見ることができます。是非、訪れてみてください!

名称 ねこの博物館
住所 静岡県伊東市八幡町1759-242
営業時間 9:00~17:00
URL
http://nekohaku.pandora.nu/index.html

5. 怪しい少年少女博物館

「怪しい少年少女博物館」は、伊豆半島東部に位置するなんとも怪しい雰囲気の博物館です。伊豆急行の「城ヶ崎海岸駅」から徒歩でおよそ10分の位置にあります。中は、昭和時代を思わせるかのようなレトロな展示物がたくさんあります。その他にも、少しドキッとしてしまうような、不気味な展示もあったりします。

怪しい少年少女博物館は、その混沌具合を楽しむところです。入ってすぐの場所には、数々のマネキンが飾られており、なんとも不気味な雰囲気。しかしながら、そこに何故か一人の月光仮面が。と言った具合に不気味さ、カオスさ。これらを楽しみに行くところです。お友達や家族連れで行くと盛り上がること間違いなしです。

名称 怪しい少年少女博物館
住所 静岡県伊東市富戸字街道下1029-64
営業時間 9:00~17:00
URL
http://ayashii.pandora.nu/

四季を通して楽しめる!魅力溢れる河津へ行こう!

河津町には文学作品「伊豆の踊子」の舞台となった情緒ある温泉や、河津七滝や河津桜を代表とする豊かな自然など、訪れる人を惹きつけるスポットが数多く存在します。また、春は桜・バラ・カーネーションの花々、夏は海水浴や川遊び、秋は滝と紅葉のコラボレーション、冬は温泉と一年を通して様々な楽しみ方できるのも魅力です。次の休みにはぜひ、遊びと癒やしが詰まった観光地、河津へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

特集

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

人気記事