最終更新日時2020/03/12

自然が豊かな地、静岡。観光地として外国人も多く訪れる人気のスポットです。観光も楽しい静岡ですが、お土産選びは楽しみの一つですよね。見知らぬ地で何を購入すれば良いのか分からないと思いますので、今回は静岡でこれを購入すれば間違いないというおすすめのお土産をご紹介します。

静岡のおすすめお土産10選

1. うなぎパイ

定番のお土産としてご紹介するのは「うなぎパイ」です。昭和36年から今でも人気の高い知名度も抜群のお土産です。原料にはウナギエキスを加えて焼き上げているサクッとした食感が癖になる美味しさで、老若男女問わず人気のお菓子と言えます。

うなぎパイ職人が手作りで作っていて、見た目はシンプルながらも飽きのこない美味しさです。日持ちは60日と比較的長いので安心ですね。小分けの袋に入っているので、大人数にお土産を購入する際にもおすすめです。

名称 春華堂 本店
住所 静岡県浜松市中区鍛冶町321-10
営業時間 10:00~20:00
URL
https://www.shunkado.co.jp/

2. こっこ

続いてご紹介するのは、生クリームとふわっとした軽い食感が楽しめる「こっこ」。卵の味わいをしっかりと感じられる見た目もかわいいので、女性にも支持されているお菓子です。季節限定のフレーバーもあるので飽きない魅力があります。

こっこは見た目の可愛さやふんわりとした食感が魅力のお菓子ですが、製造にもこだわって作られています。南アルプスの水と新鮮な卵を使用してミルククリームが作られていて、季節によって蒸し時間を調整しているなど、お菓子へのこだわりを感じます。

名称 株式会社ミホミ
住所 静岡県静岡市駿河区中原696-1
URL
http://www.cocco-cocco.jp/

3. 鞠福

続いてご紹介するのは「鞠福」です。モンドセレクションを受賞したメディアでもよく取り上げられる静岡の和菓子。なめらかな口どけのお餅に甘すぎない上品なこし餡がマッチします。生クリームも優しい味わいも特徴の一つです。

鞠福は生クリーム大福として有名ですがフレーバーもいくつかあり、ほうじ茶や煎茶など静岡らしさも感じることが出来ます。日持ちはしませんが、パッケージも一つひとつ分けれていてサイズ感もちょうどよくお土産として人気です。

名称 雅正庵 千代田本店
住所 静岡県静岡市葵区千代田7-1-47
営業時間 11:00~17:00
URL
http://www.oyaizu.co.jp/gashoan/chiyoda/

4. あげ潮

続いてご紹介するのは「あげ潮」。見た目は普通のクッキーですが、ドライフルーツと木の実がタップリと入っている斬新なお菓子です。口に入れるとレーズンやクルミなどの様々な味と香りが広がり非日常的な感覚を味わうことが出来るでしょう。

あげ潮は、食べ応えがありそうな見た目に反して軽めの食感なので、何個でも食べれてしまいそうです。チーズやチョコなど、味のバリエーションが多いのも嬉しいですね。サクサクとした生地は癖になる美味しさで、静岡のお土産として年齢関係なく人気があります。

名称 まるたや洋菓子店 神田本店
住所 静岡県静岡市中区神田町367
営業時間 10:00~18:00
URL
http://www.marutaya.net/

5. 8の字

続いてご紹介するのは無添加にこだわり昔ながらの焼き菓子の「8の字」です。どこか懐かしい味わいは多くの大人を魅了し、どんな飲み物にも合うお茶受けとして支持されています。シンプルながらに感じられる奥深い味わいは一度食べてみてほしいお菓子です。

8の字は、小麦粉と卵、砂糖のみで作られています。原型が出来たのは昭和30年代とかなり古い歴史のあるお菓子です。プレーンや紅茶、お茶味と幅広い味のバリエーションで飽きない楽しさを感じる事が出来るでしょう。

名称 カクゼン桑名屋
住所 静岡県静岡市駿河区森下町1-39
URL
http://hachinoji.jp/

6. しぞーかおでん缶

続いてご紹介するのは静岡のソウルフードでもあるおでんを楽しめる「しぞーかおでん缶」。おでんならお土産にすることもないと思いがちですが、普通のおでんとは異なり、静岡のおでんは黒いオリジナルな出汁を使用しています。

「しぞーかおでん缶」は静岡のおでんを気軽に食べられることから人気の高いお土産です。普段食べているおでんとは全く異なる味わいが魅力で、日持ちがするので非常用としても便利です。一味違うおでんを静岡のお土産としてチョイスしてみてはいかがでしょうか。

名称 株式会社カネセイ食品
住所 静岡県藤江氏築地616-1
URL
http://www.egg-kanesei.com/

7. お茶の葉クッキー

続いてご紹介するのは「お茶の葉クッキー」です。静岡県のお茶が入っているクッキーで、見た目もかわいい、女性にも子供にも人気の高いお菓子です。食品添加物を使用しないで作られたクッキーは安心できるポイントです。

お茶の葉クッキーは、「穴が空くほど無添加」というキャッチフレーズでクッキーの表面に食べ穴があり、見た目にもこだわって作られています。パッケージからしてすぐに静岡のお菓子というのが分かるのは魅力と言えますね。老若男女問わず人気のお菓子です。

名称 一條亭
住所 静岡県静岡市清水区幸町16-31
営業時間 月~金
8:30~17:30
URL
http://ich.justhpbs.jp/index.html

8. 富士山頂

続いてご紹介するのは「富士山頂」。古くから静岡のお土産としてヒットしている富士山の山頂をかたどって作られたお菓子です。富士山の頂にはチョコビーンズが乗っていてかわいいお菓子です。チョコビーンズは富士山の測候所をイメージしているというこだわり。

富士山頂の中にはミルク風味のカスタードが詰まっています。一口食べるとカスタードの濃厚なおいしさが口いっぱいに広がり幸せな気分にさせてくれます。癖になる味わいで多くの人の心を捉えています。こちらも富士山がモチーフなので、静岡県らしいお土産と言えますね。

名称 田子の月 ひろみぱあく
住所 静岡県富士市石坂447-1
営業時間 9:00~19:00
URL
http://www.tagonotsuki.co.jp

9. 安倍川もち

続いてご紹介するのは「安倍川もち」。静岡のお土産としてロングセラーになっている定番の和菓子。なんと江戸時代から東海道名物として知られているほど伝統あるお菓子です。佐賀産の餅米を使用し、もちもちとした食感がたまりません。

安倍川もちはきな粉をまぶしたものと餡子で包まれたものの2種類があります。2種類の味わいを楽しめる事も魅力の一つ。上品な味わいで食感の良い餅は癖になる味わいで何個でも食べれてしまいそうなおいしさです。

名称 やまだいち
住所 静岡県静岡市葵区黒金町49パルシェ食彩館内
営業時間 9:30~21:00
URL
http://abekawamochi.co.jp/

10. 追分羊かん

続いてご紹介するのは「追分羊かん」。大きな栗が入った羊かんですが、竹皮に包まれているので、竹の香りも感じる事が出来る羊かんとして人気があります。ボリューム満点で食べ応えのあるので、お土産として人気が高いです。

追分羊かんは、ずっしりとした見た目の割にさっぱりとした後味で、癖になる美味しさです。小豆は北海道産を使用し、こだわって作られた素材のおいしさを感じることが出来ます。300年の歴史を持つ羊かんを是非お土産にいかがでしょうか。

名称 追分羊かん 本店
住所 静岡県静岡市清水区追分2-13-21
営業時間 8:30~17:30
URL
http://www.oiwakeyokan.com

静岡のおしゃれなお土産5選

1. 田子の月もなか

「田子の月もなか」は、ちょうどよいサイズ感でスタイリッシュなモナカです。パッケージには富士山をあしらっていて、見た目から楽しめる和菓子と言えるでしょう。静岡らしさも出しながら、おしゃれなお土産ですね。

田子の月もなかは、香ばしい皮に北海道産の小豆で作られたつぶあんが絶妙な食感です。中にお餅が入っているものや、こしあんなど種類も豊富なので、好みにあわせてチョイスすることが出来ます。一つずつ購入できるのも嬉しいポイントです。

名称 御菓子庵 田子の月 本店
住所 静岡県富士市青葉町40
営業時間 9:00~20:00
URL
http://www.tagonotsuki.co.jp/

2. 治一郎のバウムクーヘン

見た目のインパクトと美しい姿でおしゃれな静岡のお菓子が続いてご紹介する「治一郎のバウムクーヘン」。他のバウムクーヘンとは異なりパサつかないしっとりとした味わいを感じる事が出来ます。お土産として多くの人に人気があります。

治一郎のバウムクーヘンは卵黄とバターをふんだんに使用して作られています。パサつかず口どけはふんわりと幸せな気分にさせてくれます。上品な甘さなので、甘いものが得意でない人にもおすすめです。治一郎のバウムクーヘンを静岡のお土産として購入してみてはいかがでしょうか。

名称 治一郎 太平台 本店
住所 静岡県浜松市西区太平台3-1-1
営業時間 9:00~18:30
URL
http://www.jiichiro.com/

3. 茶園

続いてご紹介するのは「茶園」です。1967年創業の和菓子店として歴史あるお店の人気の和菓子「茶園」。見た目から静岡の茶畑の風景を思い起こすことが出来るおしゃれな和菓子です。見ただけで静岡のお土産と分かるその分かりやすさもに人気の理由です。

茶園は食べ方にもいくつか方法があります。そのまま食べても美味しいですが、人気の食べ方としてお湯やミルクに溶かしながら飲む方法です。見た目もかわいい、おしゃれな茶園は話のネタにもなりそうな、おすすめの和菓子です。

名称 松柏堂 本店
住所 静岡県静岡市葵区鷹匠2-3-7
営業時間 10:00~18:00
URL

4. CHIYOの和

続いてご紹介するのは「CHIYOの和」です。お茶の専門店が作っているバームクーヘンでお茶の美しい色合いに周囲を真っ白な砂糖でコーティングしたとてもおしゃれなお菓子です。一層一層丁寧に作り上げられたバームクーヘンはしっとりふわっとした口触りが魅力です。

CHIYOの和は、ふんわり食感が人気で特に女性のリピーターが多い特徴があります。見た目もカジュアルでかわいらしいので、女性へのお土産として喜ばれること間違いなしと言えます。静岡茶を使っているのもポイントですね。

名称 雅正庵
住所 静岡県静岡市葵区千代田7-1-47
営業時間 10:00~19:00
URL
http://www.gasho-an.com/index.html

5. お茶みかん

静岡の名産のお茶とミカンがコラボしたお菓子の「お茶みかん」。名前を聞くとどんなお菓子が想像できませんが、ロールケーキのような見た目をしていて、おしゃれでかわいらしさも感じられます。一つずつ小分けの袋に入っているので、会社の同僚へのお土産にも良いですね。

「お茶みかん」はお茶入りの餡にミカンで作ったカステラ生地をロール状に巻き上げたお菓子です。ミカンのサッパリとした味わいにお茶の風味が香る餡がマッチしていて他では食べられない味わいです。お土産として多くの人に愛されています。

名称 浜松文明堂 幸店
住所 静岡県浜松市中区幸5-2-3
営業時間 9:00~19:00
URL
https://www.e-bunmeido.jp/

静岡のリーズナブルなお土産5選

1. 黒大奴

「黒大奴」は、黒光りした見た目はとてもインパクトがありますが、さっぱりしたこしあんを、昆布を練りこんだ羊かんで包んだ斬新なお菓子です。甘さと塩気のバランスがよく、くせになる美味しさからお土産として人気です。

黒大奴は一口サイズで手軽に楽しむことが出来ますし、1個あたり70円ほどでリーズナブルなので、お財布に優しいお土産ですね。実は明治から続くロングセラー商品です、見た目のインパクトも楽しめるので、ぜひ友人や会社へのお土産におすすめです。

名称 清水屋
住所 静岡県島田市本通2-5-5
営業時間 平日9:00~17:00、土日祝日11:00~17:00
URL
https://www.komanjyuu.jp/SHOP/79645/list.html

2. 黒はんぺん

続いてご紹介するのは「黒はんぺん」。いわしを骨ごとすり身にした通常のはんぺんよりも黒いのが特徴的です。江戸時代から伝わっている歴史的な食べ物として人気があります。10枚セットで650円とかなり安く購入することが出来ます。

黒はんぺんは日持ちが5日と短いため、お土産としては利用しにくい傾向にありますが、日帰りで静岡を訪れてその日に渡せる場合にはぜひ購入したいお土産です。新鮮ないわしをたっぷり使ったはんぺんをぜひご賞味ください。

名称 丸又
住所 静岡県焼津市八楠4-13-7
営業時間 9:00~17:00
URL
http://www.marumata.jp/

4. さくら棒

続いてご紹介するのは「さくら棒」です。静岡県民は知らない人はいない程有名なお菓子です。さくら色の長さが90センチにもなる麩菓子です。さくら色が可愛く、子供にも人気のお菓子としてお土産にいかがでしょうか。

さくら棒はシンプルな黒砂糖以外にもバナナ味やメロン味のフレーバーもあり、バリエーションは豊富です。特筆すべきはその安さでボリューム感のある見た目に反して1本600円とかなりリーズナブルです。長いので持ち運びは大変ですが、そのインパクトから選んでみてはいかがでしょうか。

名称 三島食品
住所 静岡県三島市南二日町27-38
営業時間 営業時間 10:00~17:00
定休日 土曜・日曜
URL
http://www.ofuya.com/

5. しらすパイ

こちらの「しらすパイ」はうなぎパイが静岡の名産として人気がありますが、しらすパイも実は有名で、静岡名産のしらすをふんだんに使用している贅沢なパイです。見た目もかわいく、軽い食感でサクサク食べることが出来ますよ。

「しらすパイ」は2種類のフレーバーが楽しめます。グラニュー糖がかかった甘口とわさびのピリッとした辛さが癖になる辛口。子供のおやつに大人のお酒のおつまみに喜ばれること間違いなしです。価格もリーズナブルでおすすめです。

名称 春華堂
住所 静岡県浜松市中区鍛冶町321-10
営業時間 10:00~20:00
URL
http://www.shunkado.co.jp/

お茶の町、静岡でバリエーション豊かなお土産を購入しよう!

お茶の町として静岡は昔から栄えてきました。森や海に囲まれた、自然豊かな静岡では食文化も発達していて、お土産も豊富にご当地のものが多く取り揃えられています。定番からおしゃれなものまで、静岡でおすすめのお土産を紹介しました。観光や出張で静岡を訪れた際の、大切な人へのお土産選びの参考にしてくれれば幸いです。

【関連記事はこちら】

▷静岡県の中心部に位置し、穏やかな環境にある袋井でおすすめの観光スポット19選
▷静岡で絶対行きたい!おすすめ観光スポット27選

特集

2020/03/30世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

おすすめ記事

人気記事