最終更新日時2019/08/06

メディアで大食いやデカ盛りはよく話題になりますが、「元祖」が静岡にあるようなお店もあります。静岡県に存在する、デカ盛りグルメ19選を取り上げてみました。お茶や海鮮だけではありません。静岡の新たな魅力を発見するきっかけにもなるのではないでしょうか?

海鮮からアラカルト、静岡でおすすめデカ盛り店9選

1. 魚啓

「魚啓」は東名御殿場I.Cから5㎞ほど富士山側にある、海鮮料理のお店です。沼津港から直接仕入れている魚屋さんなので、海鮮の鮮度の良さは勿論ですが、何といってもそのボリュームです。メニューには、丼、定食、寿司などがそろっています。海鮮丼は、ラーメンドンブリほどの器のフチが見えないくらいの盛り付けです。

その中でも、圧巻は「かき揚げ定食」。重さ2kgの座布団級が2枚重ね、これはさすがに1人では難しいですね。家族や仲間でシェアするのもOKです。丼物や揚げ物を見てもすべて大きいので、違ったメニューを取って分け合うほうが、楽しみが増すでしょう。駐車場はお店の前と裏側にあります。

名称 魚啓
住所 静岡県御殿場市印野1648
営業時間 11:00~14:00(L.O.)
16:00~20:30(L.O.)
定休日 火曜(祝日の場合営業)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2204/A220402/22000419/

2. とんかつ一

伊豆急下田駅から徒歩5分、とんかつの激戦区に「とんかつ一(はじめ)」はあります。黄色い味のある看板、手書きのメニューが印象的です。うっかりオーナーの言葉にうなずいたら、後悔必至です。でも、それはすべてオーナーの心意気です。ごはんは?カレーは?気分で盛り放題なんです。

注文に迷っていると、「ミックスフライ」でいいねとメニューが決まってしまいます。でもその量を確認すると、おすすめメニューと納得です。メンチカツ、カニコロ、ヒレカツ、鶏唐揚げ、どれもおいしいです。これ全部普通サイズだからすごい!オリジナルのソースがかかってます。次回は何を注文しようかな。

名称 とんかつ一
住所 静岡県下田市東本郷1-13-1
営業時間 11:00~19:00(L.O.)
定休日 月曜・火曜
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22003128/

3. 次郎長 本店(味の終着駅)

国道1号線、箱根の登り口で、大きな看板が目立つ「次郎長 本店(味の終着駅)」。メニューはラーメンの品揃えが多く、メニュー表を裏返すとカレーライス、かつ丼などもありますが、一番下に大盛100円、ジャンボ200円と書かれています。そして裏メニューに、話題の「チャーハン」があります。

普通盛りが大盛りレベルで、チャーハンの具が、ネギ、玉子、なると、チャーシューと全く普通なところが喜ばれています。ただその量が凄くて、大きくて深い器、そこに山盛りです。これが大盛りなので、ジャンボはどうでしょう。かつ丼もすごいですよ。

名称 次郎長 本店(味の終着駅)
住所 静岡県三島市谷田62-2
営業時間 11:00~22:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌火曜)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22001268/

4. 光玉母食堂めし しんちゃん

「光玉母食堂めし しんちゃん」は、こうぎょくぼと読みます。三島を大食いの聖地と言わしめたお店です。どのメニューも基本大盛りで、シェアは禁止とはっきり書かれています。なので当然のようにミニサイズのメニューがあるので、適量を選びましょうということです。

話題のカツカレーですが、「ギガカツカレー」は7~8kg、「メガカツカレー」は4~5kgと、どれも要予約の超大盛です。光玉母食堂めし しんちゃんの大盛りメニューは、どれも美味しく、リピーターが絶えないので、長く愛されています。ミニから大盛りまで、子供さんも一緒に、ご家族で楽しめますね。

名称 光玉母食堂めし しんちゃん
住所 静岡県三島市竹倉110-1
営業時間 11:30~14:00(L.O)
17:00~21:30(L.O)
定休日 木曜・第2水曜
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22009116/

5. とんかつ 五郎十

三保の松原にほど近い「とんかつ 五郎十」は、とんかつと生姜焼きにこだわったお店です。メニューには特大の文字がドーンと目立っていますが、何も書いてないエビフライやミックスフライにも特大はあります。目を見張るのは、「特大ロースかつ」です。

1枚600gのロースをじっくり揚げて、揚げすぎかと思う色具合の肉を口に運ぶと、衣はさくっと、肉は柔らかく香ばしく揚がっています。甘口のオリジナルソースがアクセントです。メニューの「ミンチカツ」も、トンカツに近い肉感と、玉ねぎの甘みを含んだジューシーさが話題です。ご飯が進むメニュー満載です。

名称 とんかつ 五郎十
住所 静岡県静岡市清水区三保943-7
営業時間 11:00~14:00
17:00~20:00(L.O.)
定休日 月曜(祝日の場合翌日)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22000875/

6. 魚河岸 丸天 魚河岸店

「魚河岸 丸天 魚河岸店」は、沼津魚市場近くで、いつも行列のお店です。沼津港にあがる鮮魚を使った海鮮料理には定評があります。丼の種類も多く、そのボリューム感は、期待を裏切ることはありません。メニューの幅の広さに迷っていると、運ばれてくる料理に目が留まります。それが「海鮮かき揚げ丼」です。

直径約10cm、高さ約20㎝の円筒形の物体が丼の上に乗っています。これが作り方に特許を持っている、「海鮮かき揚げ丼」です。さすがに立てたまま食べることは難しく、倒して崩しながら食べます。中までサクサクで、えび、貝柱、サクラエビ、野菜が程よく円筒を作り上げています。1度は崩してみてくださいね。

名称 魚河岸 丸天 魚河岸店
住所 静岡県沼津市千本港町114-1
営業時間 7:30~21:30(L.O.20:45)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22001241/

7. 天八

静岡大学のすぐ近くにある「天八」は、昔からある定食屋さんの感じです。メニュー札にもお店の温かさが見えて、価格はとても安いです。大、中と大きさを考えると、中で普通サイズの倍で、特にライスは、黙っていると中盛で出てきます。

カレーライスはたっぷりのご飯に、白っぽく甘口のカレーが乗り、中から鶏の唐揚げが出てきます。お皿はカレーの湖になってあふれ落ちそうです。カツ丼も、丼からカツが飛び出しているようで、若いサラリーマンや学生さんたちのガッツリ食べられるメニューになっています。

名称 天八
住所 静岡県静岡市駿河区大谷448-3
営業時間 11:45~14:00
16:45~21:00
定休日 木曜
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22000258/

8. どんむす

沼津魚市場前の食堂街の一角に「どんむす」はあります。お魚屋さんが経営しているので、海鮮は抜群の鮮度です。店頭に並ぶサンプルも実は本物で、あまりの混雑にそのサンプルでいいと言い出すお客様もいらっしゃいます。できれば土日は避けたい、たっぷり大盛りのお店です。

丼物はどれも大盛りで、特に「平日限定丼」は豪快です。希少部位のメニューがあったら、できるだけ食べてみてください。定食はメイン以外にも付け合わせが付き、満腹感を味わえます。外国人のお客様も、味から見た目まで十分に楽しめるでしょう。

名称 どんむす
住所 静岡県沼津市千本港町115-4
営業時間 11:00~20:30(L.O.20:00)
定休日 木曜
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22001308/

9. 会飯よこ多

藤枝市の「会飯よこ多」はホイハンよこたと読みます。ホイハンとは、普通のご飯に希望の中華料理をかけた中華のドンブリです。地元では青い建物が目立つ、人気の中華料理屋さんです。メニューを見ると、普通の中華メニューはありますが、会飯に、ジャガイモ、コーンなどと聞きなれないものがあります。

大盛り80円、特盛り180円と安いです。でも、普通盛りでも結構多いですよ。大盛り以上になると、よそ見をしているとご飯の上のあんかけがナダレを起こします。人気は麻婆豆腐、酢豚、肉みそ、ジャガイモ、コーンなど、どれも具材がたっぷりでおいしいです。スープがいいアクセントになります。車での来店も多いです。

名称 会飯よこ多
住所 静岡県藤枝市田沼1-26-1
営業時間 11:00~14:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220301/22004512/

静岡でおすすめのデカ盛りチャレンジ5選

1. さつまラーメン

「さつまラーメン」は湖西市の中でも、昭和の味を引き継ぐ老舗の店舗です。こちらのチャレンジは「1億ラーメン」、「2億ラーメン」が話題を呼んでいます。1億ラーメンを完食すると、2億ラーメンへの挑戦権が発生します。豚骨のマイルドなスープでコクがあり、万人受けする味のスープです。

1億ラーメンはもやし約2kg、餃子1人前、麺3人前、スープ1.5リットルを30分で完食しなければなりません。代金2,000円は完食で無料になります。2億ラーメンはちゃんぽん3人前、餃子10個で3,000円です。ちゃんぽんは麺以上に野菜のあんかけがどさっと入ります。予約は不要、17時からスタートします。

名称 さつまラーメン
住所 静岡県湖西市新所4037-7
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220204/22006168/

2. 味の天徳 静岡常磐町店

神奈川からのチェーン店「味の天徳 静岡常磐町店」は、静岡ではまだまだ新しいお店です。ですから「油そば」の名前もまだほとんど知られていないので、大盛りチャレンジの挑戦者は常に募集しています。油そばの油がとかカロリーがという声が聞こえますが、実際にはカロリーも、塩分もラーメンより低いです。

油そばのチャレンジは、ダブル4杯なので、普通のめんの8玉分とそこにメンマ、焼き豚、ネギたっぷりが乗ります。1玉の普通盛りがすんなり食べれるので、これならば次回、と思うお客様も多いようですが、なかなかそうはいきませんね。完食すると1万円いただけますよ。

名称 味の天徳 静岡常磐町店
住所 静岡県静岡市葵区常磐町1-5-11 つたのビル 1F
営業時間 11:00~24:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22033603/

3. かつさと 住吉バイパス店

全国チェーンの「かつさと 住𠮷バイパス店」は、静岡県内に11店舗展開しているお店です。県内の西部地区に多くあって、かつ丼がメインメニューになっています。豚肉、油、パン粉、たれのすべてにこだわりをもって、最高のメニューでチャレンジを展開しています。

制限時間30分、6人前2,500円のかつ丼を1人で完食すると、チャンピオンがクリアになります。ここで、キングへの挑戦権が発生します。キングは10人分4,500円のかつ丼を45分で完食するとクリアで、それぞれ無料になります。お子様用のメニューもありますから、ご家族皆さんで楽しんでくださいね。

名称 かつさと
住所 静岡県浜松市中区幸5丁目11-33
営業時間 11:00~22:00
サイト http://www.katsusato.com/shop/#shizuoka

4. カレーのチャンピオン 浜松住吉店

全国にチェーン展開をしている「カレーのチャンピオン」は、金沢カレー専門です。カレーはとろみのある濃さが特徴です。毎月第1、第3の金、土、日の18時から20時半がチャレンジタイムになっています。このチャレンジは、浜松住吉店のみのイベントです。

チャレンジのカレーの辛さは中辛、総重量は約2.5kg、カレーの上にとんかつが乗り、その上にソースがかかっています。直径50㎝ほどの大皿に、カレーの池にご飯ととんかつの島があるような雰囲気です。制限時間は20分、料金は2,000円です。勿論完食すれば返金してくれます。

名称 カレーのチャンピオン 浜松住吉店
住所 静岡県浜松市中区住吉2-2-16
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22025345/

5. 安田屋

三島広小路駅からすぐ、昔からある小さなお店「安田屋」です。どちらかと言えば和食系のお店ですが、以前からメニューに出ているカツカレーの大盛りチャレンジが話題になっています。一番人気は普通盛りのカツカレー1.3㎏という大きさなので、心してお店に入りましょう。

要予約の超大盛カツカレーは、ご飯が6合、とんかつが4枚のった総重量3.5㎏という大物です。これを30分で完食できれば、お代の4,200円はタダになります。肉の厚みだけでも7㎝ほどになるので覚悟を決めてチャレンジです。最速は7分、カレーのおいしさには定評があります。

名称 安田屋
住所 静岡県三島市広小路町10-25
営業時間 火~木 18:00~翌2:30(L.O.)
金・土 18:00~翌3:30(L.O.)
日・祝 18:00~23:30(L.O.)
定休日 月曜
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22000408/

女性も楽しく、静岡でおすすめのデカ盛りスイーツ5選

1. カントリーロード

焼津駅から約1.5㎞、駐車場にドーンと置かれたサンプルケースが印象的な「カントリーロード」です。ここは、バケツプリンとも言われた「スーパープリン」が注目株です。重さでいえば1㎏弱ですが、型から取り出して崩れない、でも柔らかいその微妙な硬さがキモですね。手作りなのでカラメルが効いておいしいです。

このお店は、パフェでも有名で、10色2人用から150色30人用まで7段階が用意されています。女子会なら間違いなく盛り上がりますね。コーヒーフロートも、2色のアイスがグラスから高さ10㎝も飛び出したりと見た目にも楽しめます。甘党の彼氏なら、デートにも最高、インスタ映えのスポットになりますね。

名称 カントリーロード
住所 静岡県焼津市西小川1-3-3
営業時間 10:30~22:30
定休日 第1、第3水曜
    1日・15日(変則)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220301/22017105/

2. クロンボ 古庄店

「クロンボ 古庄店」は、店内の照明が外にこぼれるような時間になると、素敵な雰囲気を醸し出す、喫茶、洋食のお店です。メニューを開いて驚くのは、パフェのメニューがL,M,Sというように分けられていることでしょう。パフェの種類が多く、選ぶことから楽しいですね。

アイスクリームと生クリームの組み合わせがメインですが、バニラとナッツ入りのアイスがよい調和をしています。フルーツもたっぷりで、これぞパフェ!と言えます。BIGクロンボパフェは皿盛りのパフェで、好きなケーキまで乗ってしまいます。シェアして食べたら、会話も盛り上がりますね。

名称 クロンボ 古庄店
住所 静岡県静岡市葵区古庄3-26-10
営業時間 9:00~22:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22007639/

3. アオイパフェ

「アオイパフェ」は、パフェ用のグラスは、ビールジョッキのようにタップリとしているので、アイスもフルーツもたっぷり入ります。アイスの種類もいろいろあり、その交換にも応じてくれます。静岡らしく、抹茶やいちごなどの地場産品も豊富に使っています。

他の店舗とのコラボにより、新商品の開発にも力を入れています。「ショコラ・アフォガードパフェ」はチョコレート屋さんとのコラボレーションで開発された、今話題のパフェです。大きなパフェでも、味の変化を楽しめるように、中に工夫をしてあります。

名称 アオイパフェ
住所 静岡県静岡市葵区七間町11-4
営業時間 平日 13:00~17:00
休日 11:00~18:00
※金曜・土曜 ~22:00までシメパフェ営業(不定)
※記載、空白については確認をお願いします。
サイト https://www.aoiparfait.com/

4. ざぼん

以前は24時間営業だった「ざぼん」。モーニングから夜食に至るまで、地域に愛されているお店です。喫茶から洋食、定食までそろっています。どのメニューもガッツリ系で十分に満足できます。特にパフェは種類が多く、サイズも色々です。駐車場は深夜までいっぱいです。

「大きなお山のパフェ」は、3~4人でどうぞと言われる大きさですが、高さ40㎝、器を含めた総重量は約4㎏あります。イチゴ、チョコ、バニラのアイスがほとんどで、周りを生クリームでデコレーション。中をクリームやフルーツで埋め尽くしています。子供さんも、女子会でも、みんなで楽しめますね。

名称 ざぼん
住所 静岡県浜松市中区森田町200-8
営業時間 8:00~翌2:00(L.O.翌1:00)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22001679/

5. うなぎパイカフェ

静岡と言えばうなぎパイ、その工場内にある「うなぎパイカフェ」。ここでは、わかっていてもエッと思ってしまうメニューがいっぱい。思わず微笑んでしまうかもしれません。うなぎパイをクレープで巻いた「うなぎパイのうまき風」は注文しようか悩んでしまいます。

「うなぎパイジャンボパフェ」はいかかですか?パフェに10数本のうなぎぱいが林立しています。その間をアイス、オレンジ、りんご、キウイで埋め尽くします。果物の軽い酸味がフレッシュで、甘みを和らげてくれます。ミルフィーユ仕立ても、季節のアイスで外国人の方も楽しめますね。

名称 うなぎパイカフェ
住所 静岡県浜松市西区大久保町748-51
営業時間 9:30~17:30(L.O.17:00)
サイト https://www.unagipai-factory.jp/cafe.php

静岡のデカ盛りをもっと探したくなりました。

今回、静岡のデカ盛りに触れてみて、思った以上にたくさんのお店が普通にデカ盛りしていますね。そこで改めて感じたのは、歴史のあるデカ盛りはどこもおいしいということでした。それぞれのこだわりがあって、でも、地域にとても愛されて、みんなで楽しんでいる姿がどのお店にもあります。チャレンジものもすごいし楽しいけれど、自分の限界に向き合う意味では過酷なチャレンジです。

【関連記事はこちら】

▷地元の酒が好きな人!全国で2番目に多い酒蔵の長野でおすすめの地酒10選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事