最終更新日時2019/08/06

2018年の3月にオープンしたばかりである、名古屋の新スポット『金シャチ横町』。名古屋城の城下町をモチーフにしたこのエリアでは、味噌カツや味噌煮込みうどんなどの“なごやめし”を楽しめる飲食店がたくさん展開されています。金シャチ横町のおすすめショップをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

金シャチ横町「義直ゾーン」のおすすめショップ9選

1. 山本屋総本家

1925(大正14)年創業で、地元名古屋で愛されている「山本屋総本家」。名古屋のソウルフード味噌煮込みうどんが名物で、コシのあるうどんと味噌の味わいを楽しめます。味噌は愛知県岡崎産の“カクキュー”八丁味噌と名古屋白みそをブレンド。

山本屋総本家の金シャチ横町限定メニューとしては、「金シャチ煮込みうどん」があります。2匹の海老フライを豪快にトッピングしており、食べ応え満点。山本屋総本家ではうどんからきしめんへの変更も可能なので、好みに合わせて麺をチョイスしましょう。

名称 山本屋総本家 金シャチ横丁店
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 月〜金 10:30〜17:30(L.O.17:00)
土日祝 10:30〜18:30(L.O.18:00)
サイト http://yamamotoya.co.jp/

2. 鳥開総本家

「鳥開総本家」は、日本三大地鶏ともいわれる“名古屋コーチン”を使った料理を堪能できるお店です。名古屋コーチン手羽先からあげや、名古屋コーチン親子丼などのほか、だし巻きたまご、鶏スープつきの名古屋コーチン入りそぼろ丼などがおすすめ。

名古屋コーチン手羽先からあげは、日本唐揚協会からあげグランプリ手羽先部門3年連続最高金賞を受賞している看板メニュー。そのほか名古屋コーチン親子丼は、全国丼グランプリにて4年連続金賞を受賞しています。実力派のお店で名古屋コーチン料理を召し上がってみてはいかがでしょうか。

名称 鳥開総本家
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~18:30(L.O.18:00)
サイト http://www.tori-kai.com/

3. ひつまぶし名古屋備長

“なごやめし”と言えば真っ先に名前があがる代表格、ひつまぶしを堪能できる「名古屋備長」。名古屋備長ではその名の通り、備長炭でじっくり丁寧にうなぎを焼いています。炭で焼かれたうなぎは、皮パリ中フワで香ばしい味わい!

金シャチ横町限定メニューとしては、金箔がのったゴージャスな“金シャチひつまぶし”が提供されています。手軽にワンハンドで食べられるお持ち帰りメニューの“うなぎいなり”は、名古屋城を見ながら楽しむお弁当にも最適です。

名称 ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 月〜金 10:30〜18:30(L.O.16:00)
土・日・祝 ランチ 10:30〜15:30(L.O.15:00)
ディナー 16:30~19:00(L.O.18:30)
サイト http://www.hitsumabushi.co.jp/

4. 矢場とん

「矢場とん」は、名古屋を中心に全国展開しているみそかつのお店です。こってりしているイメージの味噌カツですが、矢場とんの味噌はカツに合わせて味を工夫しています。くどさがなく最後まで美味しく食べられるところが好評です。

なごやめしの食べ歩きを楽しみたい金シャチ横丁ならではのメニューとしては、テイクアウトの串カツやひれカツサンドがおすすめ。もちろん味噌だれが使われていて、名古屋らしい美味しさを楽しめます。サクッとジューシーなカツと味噌のコラボは必見です。

名称 矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~17:30(L.O.17:00)
サイト http://www.yabaton.com/

5. 名古屋とうふ 河口

「名古屋とうふ 河口」は、国産の大豆と自然海塩にがりをつかったこだわりのお豆腐を堪能できるお店です。くせのない井戸水を使って作られたお豆腐は、まろやかでこくの深い味わい。美味しい豆腐を作ることができる名古屋の土地ならではの逸品です。

こだわりの豆腐料理は、やはり名古屋らしく味噌を使った「田楽」がおすすめです。濃厚な味噌の風味とお豆腐は、間違いようのない組み合わせ。名古屋とうふ河口ではお土産用のお豆腐も販売されているので、観光帰りのお買い物にも。

名称 名古屋とうふ 河口
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~17:30(L.O.17:00)
サイト http://www.kawaguchi-tofu.co.jp/

6. 那古野茶屋

名古屋観光の合間に、ちょっと一息つきたいときにおすすめの「那古野茶屋」。和をモチーフにしたカフェで、ほっこりした雰囲気のなかくつろげる時間を過ごせます。尾張藩御用達の御菓子屋、両口屋是清の茶屋が展開している老舗店です。

おすすめメニューは、「金シャチ横丁団子」。自分で焼いて食べられるところがポイントで、焼きたてのおこげができたお団子と醤油・みたらしの2種類のたれが相性抜群!カフェメニューだけではなく、八丁味噌のビーフシチュー丼など食事も可能です。

名称 那古野茶屋
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~17:30(L.O.17:00)
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23066966/

7. 尾張那古野 天丼 徳川忠兵衛

おしゃれな和風の店内で天丼を楽しめる「尾張那古野 天丼 徳川忠兵衛」。地元・愛知県産の食材を中心に使用しており、地産地消をテーマに地場野菜などをふんだんに使ったサクサクでジューシーな天丼がいただけます。

天丼だから“なごやめし”とは関係ないのでは?と思いきや、そこはやはり「金シャチ横丁」。味噌ダレを使用した、味噌天丼を味わえます。天ぷらにたっぷりとかかった味噌だれは、サクサクの天ぷらを活かした濃厚な味わいです。

名称 尾張那古野 天丼 徳川忠兵衛
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~17:30(L.O.17:00)
サイト http://www.matsuri-group.jp/

8. スギモト牛鍋店

お肉の専門店スギモトが展開する、「スギモト牛鍋店」。肉本来の旨味をぎゅっと閉じ込めた牛鍋を中心に、厳選した素材を使用した料理を提供しています。地元名古屋に愛されてきたお肉を使った料理を、金シャチ横丁で楽しんでみてはいかがですか?

金シャチ横丁限定の牛煮込みなど、美味しい牛肉料理を楽しめます。満足感のある内容の尾張牛すき鍋セットのほか、きしめん入りの牛汁などもあります。食べ歩きを楽しみたいのであれば、気軽に食べられるどて煮や金シャチコロッケなどもおすすめです。

名称 スギモト牛鍋店
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~17:30(L.O.17:00)
サイト http://www.oniku-sugimoto.com/

9. 十代目儀助

愛知県の地酒や梅酒、地ビールなどのお店「十代目儀助」。愛知を中心とした食品や飲料などの販売しています。愛知県は全国有数の日本酒製造量を誇るエリアで、十代目儀助は県内初のお酒に特化したアンテナショップです。

お土産販売だけではなく、その場でお酒を楽しめるところがポイント。店内では有料試飲ができるほか、カウンター席でお酒とおつまみをいただくことができます。3種飲み比べセットは550円というお手軽価格で、おつまみも一品300円ととてもリーズナブルです。

名称 十代目儀助
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 10:30~17:30(L.O.17:00)
サイト https://www.instagram.com/gisuke_sake/

金シャチ横町「宗春ゾーン」のおすすめショップ5選

1. SHIROMACHI GRILL(城町グリル)

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」は、名古屋では数少ないグルテンフリーのイタリアンバールです。地元の酒蔵とお野菜を中心としたおしゃれなスローフードが楽しめます。健康志向で色とりどりのイタリアンは、インスタ映えすること間違いなし。

愛知県産の地酒やお肉、野菜などをメインに使用したお料理が楽しめます。地元酒蔵とコラボした、日本酒を使ったカクテルなどもおすすめです。素材の味が楽しめるマルゲリータピッツァや、知多牛のグリルと一緒に、美味しいカクテルを味わってみましょう。

名称 SHIROMACHI GRILL(城町グリル)
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 月〜金 11:00〜22:30(L.O.フード21:30ドリンク22:00)
土日祝 10:30~22:30(L.O.フード21:30ドリンク22:00)
サイト http://sr-grill.com/

2. あんかけ太郎

なごやめし新定番のB級グルメ、あんかけスパ。金シャチ横丁「あんかけ太郎」で食べられるあんかけスパは、その名の通りスパゲッティにとろりとしたあんをからめて食べる料理です。あんかけ太郎は名古屋市内で展開されているお店で、金シャチ横丁が4店目となります。

気になるあんかけスパは、もちもちの太麺とピリ辛のあんが特徴。コショウを効かせたピリッとスパイシーなあんは、濃い味好きな名古屋らしい味付けです。ジャンクなようで、実は野菜がたっぷり使われている体に優しいメニューです。

名称 あんかけ太郎
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 ランチ 11:00~15:30 
ディナー 17:30~21:00
サイト https://www.ankake-taro.com/

3. ビストロ那古野

「ビストロ那古野」は、保美豚料理がメインの洋食屋です。元はポークレストラン岳家という名前のお店でした。ディナーメニューに加え、気軽に楽しめるランチメニューもあります。味ももちろん、彩り鮮やかな盛り付けで視覚もおいしいお料理ばかりです。

お店のメインは、渥美半島で抗生剤を一切使用せずに飼育された、幻の豚「保美豚(ほうびとん)」を使った料理。豚の旨味をシンプルに味わえる保美豚ロース肉のソテーや保美豚ベーコンソテー、保美豚づくし宴会コースもおすすめです。

名称 ビストロ那古野
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 ランチ 11:00~15:00 
ディナー 17:00~22:00
サイト https://www.bistro-nagoya.com/

4. フジヤマ55

「フジヤマ55」は、名古屋の大須発祥のつけ麺・二郎系ラーメン・台湾まぜそばのお店です。麺は自家製で、防腐剤や保湿剤などの添加物を一切使用せず、小麦粉と馬鈴薯だけで作られています。コシとモチモチ感、つるんとしたのどごしのある麺です。

麺に合わせるのは、濃厚な魚介豚骨スープ。仕上げに丸二日間もかかっている、こだわりのスープです。ダシの濃度が非常に高く、「日本人好みの味」に仕上げられたというスープには中毒性あり!思わずやみつきになる一杯が楽しめます。

名称 フジヤマ55 金シャチ横丁店
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)17:00〜22:30(L.O.22:00)
サイト http://www.fujiyama55.co.jp/

5. vegetable cafe & seafood bar saien

「vegetable cafe & seafood bar saien」は、自家栽培のオーガニック野菜を中心にしたカフェスタイルのレストランです。ランチではNYスタイルのサラダメインの料理、ディナーでは野菜とシーフードをメインにした料理で、美味しくてヘルシーなメニューを展開しています。

vegetable cafe & seafood bar saienの魅力はお料理の味だけではありません。見た目もとてもおしゃれなところが特徴で、色とりどりの料理はインスタ映えも抜群。「saien卵のラクレットチーズがけ」や、豪快に金箔がかかった「金シャチ横丁ソフト」がおすすめです。

名称 vegetable cafe & seafood bar saien
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5
営業時間 月〜土 10:30~22:30
日 10:30~20:00
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23066970/

金シャチ横町周辺ご当地グルメ5選

1. 鰻 木屋 (うなぎきや)

名古屋城のお膝元に堂々オープンした金しゃち横丁。名古屋のニュースポットとして連日賑わう金しゃち横丁は、敷地内のお店に入るだけでも一苦労。そんな時頼りになるのが「周辺グルメ」情報です。まずは老舗うなぎ「鰻 木屋 (うなぎきや)」をご紹介!

名古屋グルメと言えば「ひつまぶし」。本物のひつまぶしを味わうならここ「鰻 木屋 (うなぎきや)」で決まりです。老舗ならではの伝統のタレが絶品のこちら、お店に近づくと鰻の良い香りが食欲をそそります。肝吸いや掛出汁と共に味わうともうやみつきです。

名称 鰻 木屋 (うなぎきや)
住所 愛知県名古屋市東区東外堀町11
営業時間 月〜金 11:00~13:30
土 17:30~18:30
定休日 日曜・祝  土用の丑の日
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23000133/

2. しら河 浄心本店

名古屋グルメ「ひつまぶし」をゆっくり優雅に楽しみたいなら「しら河 浄心本店 」をおすすめします。特上から並まで3ランクのひつまぶしセット、うな丼やうな重、女性に嬉しいデザートセットなどメニューの種類も豊富です。

名古屋グルメひつまぶしには食べ方のお作法があります。ぜひ名古屋ルールに沿って味わってみてください。まず一杯目。一杯目はそのまま鰻そのもののお味を頂きます。二杯目は葱や山椒などの薬味をお好みでかけて頂きましょう。三杯目がお待ちかね、お茶漬けにして頂きます。薬味や刻み海苔が良いアクセントになります。

名称

しら河 浄心本店

住所 愛知県名古屋市西区城西4-20-12
営業時間 ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日 年末年始
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23001045/

3. 谷屋(たにや)

名古屋は加藤清正像ほど近くに位置する老舗お蕎麦屋さん「谷屋(たにや)」をご紹介します。なんとこちら、ミシュラン東海版に掲載された有名店。お店の雰囲気は、まさにノスタルジック、風情抜群です。それもそのはず、名古屋城の近くの綿屋倉庫を改築しています。木のぬくもりが感じられる店内は居心地が良いのでつい長居してしまいそうです。

こちらのお蕎麦の特徴は、粗挽きで打った風味と喉ごし両方を楽しむことができること。強い風味と歯ごたえをご希望の方には十割側もおすすめです。お蕎麦はもちろんのこと、お出汁を使った卵やきや湯葉などサイドメニューも充実しています。

名称 谷屋(たにや)
住所 愛知県名古屋市西区幅下1-1-11
営業時間 ランチ 11:30〜14:00 
ディナー 17:00〜21:00
定休日 水曜・第2火曜
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23001639/

4. ラ・グランターブル ドゥ キタムラ

名古屋城のお膝元、ひつまぶしや味噌カツなど純日本風ご当地グルメが目立つ名古屋市。そんな和の情緒溢れる名古屋において唯一無二の地位を誇るフレンチがあります。フランスおよびスイスで修業の上活躍したシェフが帰国後に開いた「ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ」をご紹介します。

名古屋の老舗フレンチなだけあって、少し贅沢なお値段ですが、ランチコースであれば頑張って手が出るのではないでしょうか。5000円および8000円のコースからお好きな方を選んでください。人数限定で3000円のコースも存在しているので、予約の上訪れてみてください。

名称 ラ・グランターブル ドゥ キタムラ
住所 愛知県名古屋市東区主税町4-84
営業時間 ランチ 11:30~15:00(L.O.13:30)
ディナー 17:00~22:00(L.O.20:30)
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23000185/

5. オステリア オルカドーロ

名古屋城のほど近く、花の木地区にあるカジュアルイタリアン「オステリア オルカドーロ」がおすすめです。真っ白い壁に3色のイタリア国旗が映える洗練された見た目の名古屋イタリアン。和の雰囲気たっぷりの名古屋グルメが続いた後は少しテイストを変えてイタリアンなどいかがでしょうか。

嬉しいのはリーズナブルな価格設定。旅行ともなると、旅行者価格のレストランや食べ歩きで出費は必須。そんな中1000円でいただくことができるパスタランチは救世主!1000円ランチとは思えない豪華な前菜も魅力です。

名称 オステリア オルカドーロ
住所 愛知県名古屋市西区花の木2-17-9
営業時間 ランチ 11:30~13:30(L.O14:30)
ディナー 17:30~22:00(L.O)
定休日 月曜
サイト https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23051301/

金シャチ横丁でなごやめしの食べ歩きを楽しもう!

今回は、金シャチ横丁のおすすめショップをご紹介いたしました。“なごやめし”は、名古屋観光を語る上で欠かせないポイントです。名古屋城の城下町をモチーフにした金シャチ横丁は、なごやめしのいいところをギュッと濃縮させた必見ポイント!名古屋観光の合間に、ランチや休憩に、ちょっと一杯飲みたいときに、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お土産も購入できるので、食事だけではなくお買い物をするときにも便利ですよ。

【関連記事はこちら】

▷名古屋城を眺める唯一無二のロケーション。ホテルナゴヤキャッスルで歴史を感じるステイ

特集

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

2020/03/23世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

おすすめ記事

人気記事